« 2006年10月29日 - 2006年11月4日 | トップページ | 2006年11月12日 - 2006年11月18日 »

2006年11月5日 - 2006年11月11日

飴せんべい

おはようございます。

宮城県内で私のブログをご覧の皆さん、今日の河北新報見ました?

以前にご紹介した、柔道部のobのお店の商品が紹介されています。

061110_110801 渋川せんべいhttp://www.sibukawa.com/

飴せんべいについてです。私もまだ食べたことがありません。

今度食べてみたいと思います。

610会

ところで、610会(若手ob会)を来週開催する予定で密かに準備を進めてきましたが、諸般の事情により、開催できなくなってしまいました。すいません。

2月に必ず開催できるよう、これから、準備を進めていきます。会員の方は、2月の土日について、特に注意してください。(以上、業務連絡でした。)

柔道部

柔道部は、これから、トレーニングの期間に入ります。まだ、今年、まだ、試合が残ってます宮城県団体優勝大会(社会人の団体戦)ので、トレーニングと柔道を半々で実施したいと思います。この前の尼崎でもそうですが、やはり、ウチの学生達は線が細いように感じます。このトレーニング期間をいかに過ごすかは、来年のためにもとても重要になると考えます。来年を見据えたトレーニングなればと思っています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

推薦入試

おはようございます。

今日は、本学の推薦入試が実施されます(泉キャンパスのみ)。AO入試、学業推薦入試、スポーツ推薦入試等の推薦入試です。

受験生諸君、全力を尽くして頑張ってください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

学校

おはようございます。

最近、学校にまつわる事件が多いように思いませんか?、生徒の自殺、未履修問題、校長の自殺、飲酒運転、出会い系サイトによる、生徒、教師の事件。後を絶ちません。

私も、教育機関の関係者(私も本業は、大学事務職員ですから)として、この事態はどうして起こっているのか等色々考えるときがあります。

テレビ等のメディアでは、あれこれとその事件を膨らませています(ここでいう膨らませるとは、虚偽を報道し、憶測でものをいうということではありませんので、誤解しないでください。)。

私は、いつも思うのは、深い何か事情があるんだろうなあ。ということです。私はテレビ等の報道が全てとは感じません。その情報は一方通行だからです。テレビで流れることは、テレビからの情報の提供で我々が考えることについては一切入っていません。(もっとも、視聴者全員の意見と情報として提供することは不可能です。)というのは、例えばいじめにしても、いじめた側の言い分(言い方が不適切かもしれません)もあると思うし、そのことについては、テレビでは、あまり取り上げられることはありません(全部が全部とは言いません。)教育委員会の対応だとか、学校の対応だとか、そういった事後の問題についてがそのメインであるように感じられます。また、運動部でよくある体罰の問題にしてもその指導者の責任の問題や、学校の対応がメインで報道され、それに行き着くに至ったことはあまり報道される機会が少ないように思われます(例えば、生徒の生活態度を注意し・・・。生徒についての報道はそれで終わるケースが多いように感じられます。)。いじめについても、体罰の問題についても、それに至った経緯で当事者双方に色々な背景があると思います。

いじめのケースについては、あまり良く分かりませんので発言を避けますが、体罰については、私も色々な指導者、教員にご指導をいただきましたので、なんとなく感じることはありますし、指導者としても感じることもあります。

でも、これまで教えられた先生に殴られたことなどはあります。でもそれは、私自身は納得済みのことであったし、目が覚めたということも多くありました。また、先生によっては、生徒を殴るなら、まず、自分の不甲斐なさを自分の顔を殴れという先生もいます。両方私は納得をします。なぜなら、生徒達を勝たせたい、勝たせてやりたいという情熱の現われだし、それをひしひしと感じたからです。だから私は、そのこと自体に今は両極端の先生に感謝してます。そういったこともあるということです。かといって報道しないメディアが悪いとも全く思いません。そういった事を考えるきっかけをくれた訳ですから・・・・。(わけの分からない話、どっちつかずの話なりましたが、これも考えるきっかけですかね。)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

踏ん張りどころ!!

昨日まで尼崎市での全日本学生柔道体重別団体優勝大会(名称が長い)に出場してきました。上位の結果は、新聞やテレビで報道されましたが、本学は、1回戦を先ず突破しようということで、意気込んで乗り込みましたが、またも初戦敗退でした。スコアは3対4の僅差でしたが、なかなか踏ん張りきれませんでした。試合に、特に団体戦で勝ち抜く為には、いかに点数を獲得(一本を獲り)、いかに失点を抑えるかです(これも当然です。)これが、できれば、団体での勝負強さが生まれます。今回の試合、それが出来なかったことに尽きます。誤解して欲しくないのは、失点を抑えるとは、逃げるという意味ではありません。相手に圧力をかけながら攻め、最低でも引き分けるという意味です。それが、できるようになれば、東北での優勝も、1回戦突破も出来ると考えます。

上位チームと1、2回戦チームの決定的な差は、いかに早く力強く組み、より早く仕掛けるかというところではないかと思います。回り道した組み方(意味分かりますか?イメージで捉えてください)ではなく、より直線的(一番早い組み方)な組み方でどんどん前に行くというところに違いがあったように思います。

 最近の団体戦では、引分けが非常に少なくなったように思われます。特に体重別団体の場合は、指導1が直接勝敗に関係しますから、結果的にそうなります。そこで勝つ為には、常時試合をコントロールし優勢に進めることが要求されます。そういったところの強化が必要でしょう。そのためにも、その土台である体、パワー、持久力をつける必要があります。これから、ガチンコ稽古と合わせて、トレーニングにも力を入れていく予定です。

 それから、今大会をもって、4年生のひととおりの大会がおわりました。4年間ご苦労様でした。もうすこし(幹部交代まで)付き合ってね・・。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月29日 - 2006年11月4日 | トップページ | 2006年11月12日 - 2006年11月18日 »