« 2006年11月5日 - 2006年11月11日 | トップページ | 2006年11月19日 - 2006年11月25日 »

2006年11月12日 - 2006年11月18日

日暮れ

最近、日が暮れるのが早くなりましね。

もう、外は真っ暗です。

今日は、午前中(朝)に全体でトレーニング(ラントレとウエイト)を行い、練習を終了しました。私は今日、勤務でしたので、途中まででした。

来週は、日曜日に、宮城県団体優勝大会があるため、1週間道場で練習(稽古)の予定です。

試合が終わったら、また、稽古とトレーニングの期間にする予定です。ちなみに、来年の初めの試合は、2月上旬の全日本宮城県予選会になると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

刺激

おはようございます。

柔道部の道場は、土樋キャンパスの地下柔道場にあります。

[東北学院大学は、土樋、泉、多賀城の3つのキャンパスがあり、文系の学生は土樋、泉のキャンパスに分かれ、理系(工学部)の学生は多賀城キャンパスで学んでいます。約13000名の学生が在籍しています(これは、北日本(東北、北海道全域)の私立大学でダントツの学生数です。)。卒業生も仙台では、「石を投げれば学院生(卒業生含)にあたる」といわれるくらいに、多数おります。]

話がそれました。 いつもは練習も土樋キャンパスで行っております。土樋キャンパスを本拠地(メインの練習場)としている体育会の部は、柔道部と剣道部等の武道系だけです。なので、他の部の活動を目の当たりにすることは、あまりありません。冬季に入り、泉キャンパスを頻繁に使うようになると、他の部の練習風景を目の当たりにします。その度に、頑張っているのは、ウチ(柔道部)だけではないなということが、実感できます。昨夜も、泉でランニングをしていると、硬式野球部がランニングや、バッティング、アメフト部、ラグビー部、サッカー部、バレー部、合気道部、空手部などの練習風景を見ることができました。各部とも、一生懸命に練習していて、ある種の一体感(別に同じことやってるわけでも、話をするわけでもないですが)を感じました、いつも、柔道場の箱の中で稽古やっていると、ウチだけ練習してるのかなというような、孤独感ではないですが、ウチだけ?というような、気持ちに陥ります。しかし、他の部も活発に活動している事を再確認でき、また新たな意欲がわきました。

 柔道部の学生も、他の部に引けをとらずにトレーニング(ランニング・ウエイト)に汗を流しました。

 学生達も、何か感じているのかなあ・・・・。少なくとも私はそう感じた昨夜のトレーニングでした。(ちなみに、今日と明日は、土樋で柔道をします。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新チーム始動

おはようございます。

先週の土曜日午前、幹部交代を泉キャンパス体育館で行いました。

今日から、学生幹部新体制でスタートします。

新幹部は以下の通り。

主将 富岡

副将 牧野

道責 田畑(道場責任者のこと)

記責 篠(記録責任者のこと。)

主務 村井

寮長 高橋

です。 幹部とは、よんで字の如く、部の幹、柱となる役目です。責任と、自覚、そして誇りを以って、任にあたってもらいたいと思います。くれぐれも患部(?)にならいないように・・?。)

 この、幹部交代で、5人の4年生が1年間の幹部を終えました。お疲れ様でした。

今回の幹部交代は、当日道場が使えなかったので朝全員でトレーニングを行い、その後に行いました。幹部交代の時間に少し間があったので、これからの事など、私が考えていること。部員達に要求(要望)したいこと。等を話しました。(丁度、幹部交代という変化の日であったので、タイミング的にも当日でよかったのではと思います。)

特に、話したかったのは、「進化していこう!!」ということです。進化ということはだけ使うと、抽象的過ぎて分からなくなるので、あえてこの言葉は使いませんでした(1回くらいはつかったかも)。→逆に分かりづらかったかも・・・・?

一昨年、昨年、今年の話をし、その後、これからどういうふうに進めば良いかをはなしました。それは、①受身にならないこと。②全ての練習には意味がある。簡単な説明はしたりするが、深いところ(自分にとってそのメニューにはどういった意味を成すのか)ということは、自分で理解すること。理解しようとすること。③大学生として自分で稽古するということ(やらされては何の解決にもならない。)④稽古時間は長くても2時間半である。100%こなすということ。⑤稽古も、トレーニングも良く考えること(前向きな要求や、提案はどんどん受け入れる、しかし、後ろ向きはそれは採用しない)。等を話しました。→それ以上は、企業秘密です。→

 柔道部は、2009年には、創部90周年を迎えます。継承すべき伝統を尊重し、時代にあわせた新たもの創造するという、「創造・継承」を改めて再確認し、部も、戦績も、ご支援いただいている、OB会、後援会等、全てがいい形でこの90周年を迎えられればと考える次第です。伝統に胡坐をかかず、伝統のもとで常に前に、前に進んでいければと思います。

 あらためて、新チームをよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月5日 - 2006年11月11日 | トップページ | 2006年11月19日 - 2006年11月25日 »