« 2007年11月4日 - 2007年11月10日 | トップページ | 2007年12月16日 - 2007年12月22日 »

2007年11月11日 - 2007年11月17日

徐々に、徐々に寒くなってきますね・・・・。

今日の朝、家のベランダから外を見たら

Dscn0536遠くの山に雪か積もっていました。

2枚の写真の奥の方をよおく見てください。

どおりで寒いはずです・・・・・・・。

Dscn0537_2 みなさんも風邪を引かないように注意しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと・・・・・・・。

ちょっと最近、このブログ見てる人減ってる気がするんですけど・・・・・・・。

そんなに詰まんないすか?

まあいいけど・・・・。

自己満足ブログですから・・・・・・。

ただし、柔道部サイトは、着実に見てくれる人が増えているように思います。

※まだ、会員は7名ですけど。(ホントに迷惑メールとかはきませんから、みなさんよろしくお願いします。)

今日はこれから、運動部の会議があるので、その後私は稽古です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

最近、突然、褒められる?

 最近、稽古を一緒にした方々から、褒められる?(言葉が適当かどうか分からないけど)。

「最近、良くなりましたね!!」って

何がって、ウチの稽古がです。

「前より、全然いいですよね、全体的にまじめで・・・。」って言われます。

裏を返せば、「今までどれだけ悪かったの?」って話になる。まあ、それはそれとして、

褒められることは、悪い気はしませんね。

でも、良く考えてみると・・・。(褒められたことじゃなくて、まじめに稽古することについて)

まじめに稽古することって当たり前のことでした・・・・・・。

だから、私が今の目標としていること「当たり前の事を当たり前に平然と出来るチーム」に辿りつくのです。

でも、まだ、目標としている当たり前のところまでに来ていませんが・・・・・。だから、まだ、まだこれからということになるでしょうね。それに、結果もついてきてませんから。結果がついてきてはじめて、それが当たり前のことかどうかが分かるかもしれません、チームとして・・・・・・。

ちょっと意味不明?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜日

先週土曜日は、仙台商業さんとの合同稽古でありました。

仙台商業さんとは何かと縁があり、色々な部から、本学に来ています。(スポーツも盛んな学校です。)柔道部でも、現在仙台商業出身者で、一大派閥?になっています。

また、今週も来学されるようです。

お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和のトレーニング

金曜日は、泉キャンパスで、トレーニング。

道場を使用できないわけではないですけど、柔道着を着ない日です(毎年この時期にあります。)

今回は、学生達が見つけてきた学校の裏の階段・・・。

ひと通りやった後、

四つんばいになって、その上に一人乗っかり、階段か、坂道を登るというトレーニングメニューを追加。

学生達は、なんだかシックリこない様子・・・・。

私の心の中・・・・(まずは、やってみろ!)

そのとき、東北最軽量チャンピオン津○が、

なんか「昭和のトレーニングっぽいですね・・・・。」とにやり。

でも、全体的にこのトレーニングもこなしました。

そしたら・・・

チャ・・・・「手からなんか血が・・・・。」

チャは手から出血していたのでした・・・・。

四つんばいなので手に何かが刺さったようです。

怪我が予見できるメニューになったことは、私の甘かった点でした。

今後気をつけます。

結果的に大事には至らず、次の日の稽古も元気に稽古していました。

でも、次からは、手袋必携ですね・・・・・・・。

ところで、

「昭和のトレーニング」についてですが。

やっぱり、学生達は、派手な?稽古が好きみたいですね。

柔道稽古については立ち技乱取(柔道する人で嫌いな人はまずいません)

トレーニングについては、ウエイトトレーニング(ベンチプレスとか)

が好きのようで、逆に反復稽古や、地べたに這い蹲るようなトレーニングはあまり好きではないようです。

ただ、反復練習や、地べたに這い蹲るトレーニングは、地味ですけど、とても効果があると私はおもっています。

注)ウエイトトレーニングを否定しているわけではありません。ウエイトトレーニングはウエイトトレーニングで、意味があると思うし、実際昨年度、ウエイトトレーニングの先生を招いてセミナーを開催したりして、ウエイトトレーニングにも力を入れたら(特に冬場)今年度は怪我人が格段に減りました。

話それました。

というわけで、まずは反復稽古が重要なわけ。

反復稽古(打ち込み等)は、いわば、体にその技やパフォーマンスを体にしみこませること。反復を繰り返すことで、この状況であればこういう風に体を動かす。この技をかける場合には、体をこう動かすといったことが、自然に出るように体自身にインプットさせることにその目的があります。それに技をかけるという意識付けも。

試合で一本取った時って、よほどの力がない限りは、無意識が多くないですか?

それは、大きな試合になればなるほど、試合が競っているときってそうじゃないですか?

それこそ、反復練習で培うものだと私は思います。特に、その無意識の技の精度を上げるためには、反復練習が一番良い稽古だと思います(当たり前のことですけど)

立ち技乱取りは、確かに疲れるし、汗かくし、組み手の攻防とかで稽古した感じがするけど、精度という面では反復練習に限ると思います。(乱取りも最重要な稽古なのは認識しつつの話です。)

特に、我々のような地方の大学では、稽古相手が限られますから、関東圏のように自分より強い相手、やりにくい選手を求めて出稽古といっても中々難しい実情があります。そんな中では、やはり、地味な稽古にも力を入れ、より精度を高めることが大きな成長の材料になるように私は思います。

あっ、ウチの学生が反復練習してないって訳ではないですからね。なんとなく、一般論として。(私も、現役の頃は、乱取りが一番好きでしたから・・・。)

※特にこれもオチはありません。

※地べたトレのことは、また今度(明日にでも)・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

急遽変更

 久しぶりの書き込みですね。

ご無沙汰してました。

さて、先週の話から・・・・。

先週水曜日、仙台育英さんが稽古に来ることになっていました。

その日は以前に、合気道部が合同稽古の為に道場を使いたいと言っていた日。(いつも広い道場を自由に使わせて貰っているので、使用希望があったときは、どんどん使ってもらおうと学生達に話しています。)

ところが、大学の方で掲示している使用予定と以前に道場に合気道部学生が言っていた日程が1日ズレている?。(主務からの報告)

私・・・「合気道部に確認とったら?」と主務に言ったところ。

主・・・「合気道部連絡先が分かりません。」とのこと・・。

私・・・「んじゃ、学生部にホントのところ確認して」と主務へ

そうしたところ・・・・、学生部からは、木曜日だよとの話がきました。

主務が確認し、私も・・・事情(お客が来るということ)を話して確認しましたが、同じ返答・・・・。

ということで、箱○先生へ(前日)、

私・・・・「先生明日大丈夫ですから、是非いらしてください。」と返答。

ちょっと不安でしたがそう返答して・・。

当日の練習開始1時間半前・・。

主・・・・「やっぱり、合気道部今日みたいです・・・・。」

私・・・・「なにっ、だって昨日確認したよな。」

2人で・・「・・・・・・・・。」

ということで、仙台育英さんにも多大なるご迷惑をお掛けし、そして、急遽道場をお借りした仙台接骨医療専門学校さんにも多大なるご迷惑をお掛けし、その日も何とか、合同稽古をすることが、出来たのでした。

練習後、主務と話したこと。

「合気道ともっとコミュニケーションとっていこうね・・・。」

※特にオチのある話ではありません。(あしからず)

Dscn0535 仙台育英さん、すいませんでした。

仙台接骨医療専門学校さん、急遽でしたがありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月4日 - 2007年11月10日 | トップページ | 2007年12月16日 - 2007年12月22日 »